八幡店ショールーム

古民家再生! part3

 

皆さんこんにちは!

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?(*^-^*)

 

また明日から心機一転、頑張っていきましょう!

 

さて、前回の続きからです。

 

前回の梁補強から、晴れの日が続いたので屋根の補強をすることに。

屋根が完成しない限り、雨漏れの心配が常に付きまとってきます。

 

KIMG0130.jpg

 

既存の瓦屋根を崩し、新規で垂木(屋根の骨となる木下地)を組む。

その上から野地板(直接屋根の下地となる板)を貼ります。

 

KIMG0133.jpg

 

KIMG0143.jpg

 

下地が完成したらひとまずブルーシートで養生します。(雨に対する養生)

 

KIMG0186.jpg

 

その後、晴れた日に板金屋根工事が入ります。

 

KIMG0235.JPG

半分は防水屋根にする予定なので、ケイカル板(ケイ酸カルシウム板:主に軽天などに使われる耐火性の建材です)

を下地に貼ります。

下地工事はこれで完了!

後は屋根工事としては防水工事をする予定です。

 

続きはまた次回に!(^^)/

 

 

 


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ